【就活】大卒初任給は最低でも20万以上の企業に就職するべき

 

就活における初任給は、誰もが一番気にすることだと思います。

しかし、その初任給でどんな暮らしを送れるのか、というのは想像できないのではないでしょうか?

 

本記事では、私の初任給と実際の生活における収支を公開し、みなさんに就職後どんな風な生活を送ることになるか、ある程度イメージを持ってもらえればいいなと思います。

 

目次は以下のようになっています。

 

スポンサーリンク

目指すべき初任給

まず初めに最近の男女の大卒初任給平均をみてみると

男性:208,000円

女性:204,000円

男女平均:206,000円

となっています。

 

私の初任給は、まさに平均である206,000円です。

そして私の意見としては、最低でも20万以上は初任給がある企業を目指すべきだと思います。

 

私が就活の中で 最も重視しているのは社宅・独身寮・住宅手当制度の有無です。

社宅・独身寮・住宅手当制度が無い人は、毎月アパート代金を支払わなければならず、関東圏ではバラツキがあるものの賃料はおおよそ4~6万円程度ですよね。

 

かなり大きい金額ですが、20万初任給がある場合手取りは16万円程度となるので、賃貸料金を差し引いて10万円は手元に残ります。

そこから、食費やらいろいろ使っていくと、大体3万円程度余り最低限の貯金・娯楽費として使用できます。

 

つまり最低3万円程度残る基準から逆算すると、私の言う20万円を目指すべきとなるのです。

どうしてそのくらい残ると計算で来たのか、シミュレーションを見ていきましょう。

 

シミュレーション

私の収支

私は実家からの通勤であるという条件で、まず私の実際の収支を公開します。

 

まず収入について、基本給206,000円+残業により0~10万前後変動で忙しい時期は、残業45~80時間いきます。

 

時給は206,000 / 20.25() / 8(時間)1272

残業した時の時間単価は、(時給)×1.25

 

次に支出です。   

食費 15,000円
電気代 20,000円(月平均)
携帯料金 12,000円
 奨学金返済 13,000円
車のローン 11,000円
車の保険料金 10,000円
その他細かい物 25,000円
合計 106,000円

 

私の場合、家の事情で電気代なども払っていますが一般的な実家通勤の大卒者この合計額より-20,000~30,000である、と考えてください。

 

また、手取りは社会保険料、厚生年金、所得税なども引かれ私の場合それら3つで41,000円ほど引かれております。 つまり私が、娯楽や貯金として一ヶ月に使えるお金は

206,000円106,000円41,000円59,000

となっています。 

 

社宅など制度がない場合

さて、では都内で社宅制度なしの会社に勤めている大卒の方で、シミュレーションを行ってみます。

 

収入は私と同じ額、支出は

食費 20,000円
電気代 15,000円(月平均)
携帯料金 12,000円
奨学金返済 13,000円
家賃 55,000円
水道代 8,000円
その他細かい物 15,000円
合計 138,000円

 

通勤費は大体手当てで出してくれるので、今回は考慮せず0円として計算します。

ただし、買い物などの移動に交通機関利用を加味し、その他に5000円ほど経費勘定。

 

社会保険などで引かれる金額も私と同じであると仮定すると娯楽や貯金として一ヶ月に使えるお金は

 

206,000138,00041,00027,000

お分かりいただけますか?

事情で経費がかさんでいる私でも、社宅・独身寮・住宅手当の無い都内の大卒者より、自由に使えるお金が多いことがわかります。

 

さらに社会人二年目からは住民税も引かれていきます。地方だと約10,000/月ですが、関東圏は+5,000円くらいです。

 

 下手をすると、親にお金を出して通っていた大学生活中の方が、生活が豊かなんてことにもなりかねません。

 

社宅など制度が有る場合

社宅・独身寮制度有りの会社勤務の場合、先ほどの計算から家賃が消えるか、5,000円程度の出費になります。 

 

つまり社宅・独身寮制度があるだけで、自由に使えるお金が77,00082,000大幅に増えるのです。

住宅手当制度を採用している会社の場合、アパート代の満額を支給してくれることは少なく、おおよそ1~2万円程度自己負担することが多いです。

それでも自由に使えるお金は、制度がない場合と比べて大体4万円以上増えますよね。

 

ここまでで、社宅・独身寮・住宅手当制度の重要性が分かったかと思いますが、それぞれメリット・デメリットがあるので、興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

 

 

妥協点を決める

「初任給はいくらを目安とすればいいか」

 

私が聞かれたこう答えます。

 

自分の妥協できる範囲で決めてください

 

結局、各自どこで働きたいか、社宅・独身寮・住宅手当制度の有無でシミュレーションを行い、5万程度余裕資金が生まれる会社を選ぶ、これが第一だと思います。

 

なぜ5万なのか、それは5万円を毎月投資すれば定年退職するときに、1億円まで資産を増やすことができる可能性があるためです。

 

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、興味のある方はご一読ください。

 

 

オマケ(お役立ち)情報

ここまで読んでくださったあなた限定で、就活に関しては直接関係ありませんが、お役に立てる事をお教えしたいと思います。

 

就活は交通費や宿泊費など、なにかとお金は必要になってきますよね。

 

かくいうわたしも、当時資金面で非常に苦労した記憶があります。

 

そこで、私と同じような状況の就活生を支援するため、【即日誰でも無料で10万円を稼ぐ方法】をお教えしようと思いました。

 

興味のある方は以下の記事をご覧ください。

 

紹介している手法ですが、行政機関公認の企業による報酬を利用するため、合法な手法での稼ぎ方となりますのでご安心ください。

 

 

コチラで入手した資金を有効活用し、就活に役立てていただければ幸いです。

 

まとめ

  • 初任給は社宅制度の有無で、求める額が違ってくる
  • 働きたい場所での生活シミュレーションを行い、資金的余裕が生まれるか考えてみる
  • あえて言うなら、初任給は20万以上で絞るといいでしょう

 

いかがだったでしょうか?

冒頭に述べたように、みなさんが将来どんな生活を送っているのか、具体的にイメージできるようになっていると幸いです。

 

私が就活・企業研究をするうえで大切だと思うことを、以下の記事にまとめました。

 

他にも大事だと思うことがありますが、実際に就職してから特に最低限知っておいた方がいい、と思ったことを選びました。

 

これらの記事が有用だと感じたら、是非他の記事もご覧になってみてください。

 

 

 

こちらの記事では優良企業をまとめたサイトの紹介と、私のしっている優良企業の一部の紹介を行っています。

 

 

 

以下の記事は他の公務員はどうなっているのか、こちらも友人たちに実際に聞いた話を元に作成した記事です。

興味のある職種がありましたら、ご覧になって見てください。

 

     

     

    それでは記事はこれにて。みなさんのよい就活ライフをお祈りしています。

    あでゅー!

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事