大卒警察官の初任給・待遇はどうなっているのか【就活・企業研究】

 

公務員といっても数多くの種類がありますよね。

 

今回はそんな中でも、一般職地方公務員の一つである警察官」について、基本的な説明をしていきたいと思います。

 

また友達の警察官の話を聞けたので、実際の待遇を踏まえて書いていきたいと思います

 

目次は以下のようになっています。

 

スポンサーリンク

警察官について

本項目は主にリクナビのデータを参考にさせて頂いています。

 

今回は、私の地元である秋田県警のデータを参考にしていますが、他の地域でもデータにほとんど差異はないため、活用することはできます。

 

業務内容

地方警察は、主に以下の6つの部門から成り立ち、それぞれの部門で行う業務が異なってきます。

 

そのため、事前にしっかりと自分がどの部門に行きたいのか決めるため、部門ごとの業務内容を深く理解しておくことが大切です・

 

地域警察 

  • 管内のパトロール 
  • 防犯指導・巡回連絡 
  • 事件・事故の初動捜査 
  • 地理案内       
  • 各種届出や相談の受理 
  • 110番通報への対応 

 

生活安全警察

  • 防犯指導・防犯対策 
  • 児童虐待、少年犯罪の防止活動 
  • ストーカー・DV事案の対策・捜査  
  • サイバー犯罪の対策・捜査 
  • 不法投棄など環境犯罪の対策・捜査  
  • 悪質商法などの生活経済犯罪の対策・捜査  
  • 風俗営業・古物営業・銃砲などの許認可 

 

刑事警察

  • 殺人・強盗・放火などの凶悪犯罪捜査 
  • 振り込め詐欺などの特殊詐欺捜査 
  • 汚職などの知能犯罪捜査     
  • 空き巣などの窃盗事件捜査 
  • 覚醒剤などの薬物犯罪捜査    
  • 暴力団が関与する組織犯罪捜査 
  • 鑑識活動                
  • 科学捜査研究所による分析・鑑定 

 

交通警察

  • 交通違反の指導・取締り   
  • 交通事故・ひき逃げ事件などの捜査 
  • 交通安全教育         
  • 運転免許の試験 
  • 交通規制・安全施設の整備  
  • 道路使用などの許可事務

 

警備警察

  • 自然災害や水難・山岳遭難等の救助活動 
  • 祭典・イベント等における雑踏警備 
  • 空港や港湾施設など重要施設の警戒・警備  
  • テロ・ゲリラ対策 
  • 要人警護   
  • 密入国事件・不法滞在者の取締り 

 

警務警察

  • 職員の採用・人事        
  • 各種教養    
  • 健康管理・福利厚生 
  • 装備資機材の整備・管理   
  • 会計事務    
  • 犯罪被害者への支援 
  • 留置管理             
  • 広報活動     
  • 情報システムの開発・管理

 

待遇

初任給・賞与

警察官と警察事務と2種類あり、各々で給与に差があります。

 

☑警察官

  • 警察官A(大学卒・大学院卒):205,753円 
  •    警察官B(大学卒以外):166,235円 

 

☑警察事務

  • 大学卒業程度:179,643円
  • 高校卒業程度:147,283円

 

また公務員は全員同じボーナスを貰っており、2018年度の支給実績は4.45カ月分となっています。

内訳は夏季ボーナス2.2か月、冬季ボーナス2.25カ月となっています。

 

福利厚生

  • 職員宿舎(独身官舎・家族官舎)
  • 各種共済事業
  • 県内の文化・スポーツ施設の利用助成
  • 全国の観光・宿泊施設の利用助成

 

ここで私の個人的意見として、実家勤務などでない限り住宅に関する補助制度の有無が、就職するうえでもっとも重要な要素だと感じています。

 

理由としては、補助制度がなければ多少の初任給の優位性はなくなり、自由に使えるお金が目に見えてすくなくなるためです。

 

基本的に地方公務員は地元で就職するための選択肢、という人が圧倒的に多いため、そもそも住宅の補助制度が必要ない場合が多いです。

 

そのため、地元以外で公務員になりたいと思っている方は、その勤務地の施設が社宅・独身寮・住宅手当制度を採用しているか、しっかり確認をしましょう。

 

その点でいえば、独身官舎・家族官舎のある警察官は、優良な就職先であると言えます。

その分、県内の勤務先の異動が多いというデメリットもある、ということをよく理解しておきましょう。

 

独身官舎はその名の通り、一人でしか入れない社宅のようなもので、結婚し家族を持ったものは家族官舎に入ることができます。

 


住宅補助の社宅・独身寮・住宅手当制度について詳しく知りたい方は、本記事下にあるリンクから説明を行っている記事があるので、是非ご覧になって見てください。

 

年間休日・平均有給取得日数

  • 年間休日:120~125日(自治体により変動)
  • 9日前後(自治体により変動)

 

職に就くまで

一般職地方公務員になるためには、国家公務員試験に合格した後、希望している勤務地にて人事面接を通過する必要があります。 

 

採用試験では以下のようなことを行います。

 

一次試験

  • 体力試験(実技検査):握力測定・立ち幅跳び・上体起こし・反復横跳び・20mシャトルラン 
  • 身体検査 
  • 教養試験 (択一式 50問 120分) 
  • 論文試験 (記述式 60分) 論文用紙1枚800字以内) 

 

特に体力試験について意外と知らない人が多い上に、普段インドアすぎる気質の方は落とされる可能性があるので、警察官を目指すと決めた場合、多少なりとも身体を鍛えておくのがよいでしょう。

 

二次試験

  • 口述試験 (集団面接・個別面接) 
  • 適性検査 
  • 身体精密検査(診断書提出) 

 

倍率

倍率は公に後悔されていませんが、聞いたところによると地方の場合は大体3~6倍程度であると言った話を聞きます。

 

他の公務員と比べても同程度の倍率であるため、警察官を目指す方は頑張れば試験を通過できる可能性が十分に高いです。

 

友人の語る実情(警察官)

待遇

項目 詳細
初任給 20万程度
ボーナス

30万円×2(初回のみ8万)

住宅補助 官舎二種アリ
残業時間(月)

50~100時間、日をまたぐこともある

残業代の支払い あり*特殊な計算
休日出勤 無し、ただし通常で土曜出勤はある
倍率 3~4倍程度

 

初任給については、大まかな値しか聞いていませんが、恐らくリクナビに搭載している金額と同額でしょう。

 

次に住宅に関する補助は、独身官舎・家族官舎ともに整備されているとのことでした。

 

ここで注目してほしいのは、友人に聞いた話で特筆すべき点が2点あります。

それは残業時間残業の際の時給単価の計算方式です。

 

まず初めに残業時間についてですが、警察官の使命である住民の生活を守るためであるので仕方がないですが、他の公務員に比べ圧倒的に残業時間が多くなっています。

 

市役所員の残業時間は月0~30時間となっているので、最大で3倍以上の残業を行っていることになります。

加えて日をまたいでの出勤、というのも普通にあるそうなので、体力・精神面に自信のない方はあきらめた方がいいだろう、とのことです。

 

次に残業における時給単価の計算式なのですが、6つの部門ごとに残業に対する予算が決まっており、予算内で全員分をやりくりをするというシステムのようです。

 

先に述べたように、基本的に全員が残業50時間を超えるのが当たり前の職場のため、予算が足りるということがまずありえなく、一般的な残業の計算式の(時給)×1.25の給与はまずもらえません。

 

友人の場合、残業の時給換算すると800円となっているそうです。ちなみに本来の計算式では、1600円弱にならなければなりません。

 

もしかすると、友人の自治体のみの計算方法なのかもしれませんが、こういったシステムとなっている可能性があることを考慮し、しっかりと調べてから警察官になるか決めましょう。

 

業務内容など実情

友人は基本的にデスクワークを行っていたようで、残念ながらパトロールなどの業務について話を聞くことはできませんでした。

 

代わりに警察官は非常に上下関係が厳しく、体育会系のノリになれていなければ、自治体によりますが警察官内でいじめ・体罰の対象になる部門があるそうです。

 

さらに先ほど忙しいといいましたが、残業が100時間を超えた場合は80時間までしか、残業申請を行うことができません。

 

なぜなら、働き方改革実行計画特別条項付き協定において残業時間は、2~6ヵ月の平均で80時間以内・1ヵ月では100時間未満までという規定がなされ、80時間を超えると協定に違反してしまうためです。

 

もちろんいい部分も沢山ありますが、そういった事情もあることをしっかり理解したうえで、本当に警察官を目指すのかを今一度じっくり考え直してみるといいでしょう。

 

企業と比べたメリット

公務員になるためには、公務員試験を突破しなければならないといったデメリットもあるのですが、それ以上にメリットも多いです。

 

リーマンショックから時が経ち、景気も反転し始めてきたことにより、公務員になるメリットはあまりないと言われてきていますが、本当にそうなのか今一度考えてみましょう。

 

絶対的安定性

公務員全般に言えることが一般企業とくらべ、倒産・リストラのリスクがなく、非常に将来設計を行いやすいというメリットがあります。

 

またボーナスに関しても、業績などによって左右されることが無いため、ボーナスを含めた様々なローンを組みやすいです。

 

加えて年齢が上がり結婚したりしていくと、扶養手当がついたりと一般企業よりも、非常に広く手厚い手当を受けることが可能となります。

 

昇給額が大きい

行政職俸給表*1を元に解説いたします。こちらは毎年更新され、微妙に値が異なっている場合があるので、気になる方は下記にあるリンクより確認してみてください。

 

以下に行政職俸給表の一部を載せます。

 

表の見方ですが縦軸が昇給による基本給、横軸が役職に就いた昇格による基本給となります。

 

昇給のシステムは公務員は全員同じなため、一般的な大卒公務員の初任給と言われる、1級25号170,200円初任給として考えてみます。

 

一般的によっぽど評価が悪くなければ4号昇給することになるのですが、4号昇給すると1級29号176,800円となり、6,600円昇給することになります。 ただし初年度は、3号昇給となる場合が多いです。

 

また昇格によって昇給額が上がる場合は、ただ単純に横にスライドするわけでなく、1~2万円の昇給額に収まるようになっている場合が多いです。

 

一般的な中小企業における昇給額は、だいたい2000~3000円であることを考えると、非常に昇給額が大きいということが分かるかと思います。

 

そのため公務員は、就職後数年は一般企業よりも基本給は少ないですが、後々になってくると諸手当を含め大企業と遜色ないほど、基本給が高くなるという特徴があります。

 


参考記事

*1「行政職俸給表

ただしデメリットも

本記事でなんどか述べているように、基本的には将来的な給与もかなりあがり、住宅に関する補助もあることから、警察官を目指すのは十分魅力的であると思います。

 

しかし一方で、

  • 残業が他の公務員に比べ非常に多い
  • 残業の時給単価が少ない可能性がある
  • 上下関係が非常に厳しい

 

といったデメリットがあることを理解し、その上でなお就職したいと思えなければ、非常に厳しい仕事であるため最悪退職、ということになりかねません。

 

そのためあなたの希望している自治体は、上記のことについてどうなっているのか今一度よく確認し、大丈夫だと感じたら試験に向けての準備を行っていきましょう。

 

オマケ(お役立ち)情報

ここまで読んでくださったあなた限定で、就活に関しては直接関係ありませんが、お役に立てる事をお教えしたいと思います。

 

就活は交通費や宿泊費など、なにかとお金は必要になってきますよね。

 

かくいうわたしも、当時資金面で非常に苦労した記憶があります。

 

そこで、私と同じような状況の就活生を支援するため、【即日誰でも無料で10万円を稼ぐ方法】をお教えしようと思いました。

 

興味のある方は以下の記事をご覧ください。

 

紹介している手法ですが、行政機関公認の企業による報酬を利用するため、合法な手法での稼ぎ方となりますのでご安心ください。

 

 

コチラで入手した資金を有効活用し、就活に役立てていただければ幸いです。

 

最後に

本記事はいかがだったでしょうか。

 

警察官の業務内容や、意外と知られていない警察官のデメリットについて、伝えることができていれば幸いです。

 

いろいろとメリットのある公務員ですが、注意点として仮に試験に落ちた後の滑り止めを考えておかないと、就職浪人になる可能性もあります。

 

そのため、一般企業に勤める際の就活・企業研究をするうえで大切だと思うことを、以下の記事にまとめているので、是非ご覧になって見てください。

 

他にも大事だと思うことがありますが、実際に就職してから特に最低限知っておいた方がいい、と思ったことを選びました。

 

これらの記事が有用だと感じたら、是非他の記事もご覧になってみてください。

     

    こちらの記事では優良企業をまとめたサイトの紹介と、私のしっている優良企業の一部の紹介を行っています。

     

     

    以下の記事は他の公務員はどうなっているのか、こちらも友人たちに実際に聞いた話を元に作成した記事です。

    興味のある職種がありましたら、ご覧になって見てください

     

     

    それでは記事はこれにて。みなさんのよい就活ライフをお祈りしています。

    あでゅー!

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事