はじめまして。

または本記事もみてくださり、ありがとうございます。

 

本記事では、親次第で審査の通りやすさが変わるのか、学生からクレジットカードを持つメリットと、おすすめのクレジットカードについて書いていきます。

 

クレジットカード、すごく便利ですよね。

 

Amazon・メルカリ・ヤフオクでの買い物だったり、itunesへの課金、アイフォンユーザーならApplePayでのスマートな支払い*、などなど挙げたらキリがないメリットがありますよね。

*対象外のカードもあります。

 

スポンサーリンク

~審査基準について~

「学生は審査に通りやすい or 必ず通る」

みなさんはこういったことを聞いたことがありませんか?

実際これは事実で、私も学生時代アルバイトなどしていませんでしたが、審査は非常にスムーズに終わりました。

なぜなのか、理由としては単純で

  1. 大学に通わせることができるほどの財力が親にある
  2. 学生が払えない場合、親に代金の請求ができる

この2つの要因が非常に多いきいためです。

実際、そこまで親に財力がない場合でも審査に影響はないのですが、一般的に大学に通わせれる場合、いざという時代金の回収が可能なことが多いため、審査に通ると言われています。

私が学生のうちに、クレジットカードを持つメリットとして上げるのがまずこれです。

今のご時世、こちらの記事でも触れていますが、大卒のフリータも珍しくなくなってきています。

そんなフリーターですが、クレジットカードを作ろうとしても、大半の方は発行させてくれません。

理由としては、もう学生でなく親から自立してるが、一般的にフリーターという低収入・不安定な生活で、代金の回収が不可能となる可能性がある人に、カードを発行したくないためです。

しかし、フリーターの方の話を聞いてみると、学生時代に作っておいたクレジットカードが無ければ生活できない、こういった話をよく聞きます。

一番はこちらの記事で紹介してるような、条件の良い会社に就職できればいいのですが、未来なんて誰にもわかりません。

そこで、学生のうちにカードを作ることをおすすめしているのです。

~おすすめのカード~

私が誰にでもおすすめできるカードは以下の3種類です。

どれも年会費は無料で、基本のポイント還元率は1%です。

それぞれの特徴を以下に挙げていきます。

①JCB CARD W

  1. 39歳以下限定
  2. パートナー店利用でさらにポイントが貯まる!
  3. 電子マネー「QUICPay」利用可能

キャンペーン中に入会で入会後3ヵ月間還元率2.0%になります。

また、Amazon・セブンイレブンでは常に還元率2%となっており、ディズニーデザインのカードが選べるので、ディズニー好きにはたまらないカードとなります。

またたまったポイントは、ディズニーリゾートのパスポートなどにも交換が可能です。

②オリコカード THE POINT

  1. 入会後6ヶ月間ポイントが2倍
  2. 電子マネーiDとQUICPayが同時搭載
  3. リアルタイムでポイント還元
1ポイント1円の価値になり、500ポイントからAmazonのギフトカード・itunesカード500円分などへ交換できます。

ポイントは、申請をすればすぐギフトコードとの引き換えが可能なため、これ以上現金を使いたくないときに非常に便利です。
ただし、私は後述のdカードゴールドへメインカードを切り替えました。

Amazon・itunes以外にも、nanacoやIDなどの電子マネーなどにも交換可能など、交換先が非常に多いというのが強みと言えます。

③楽天カード

  1. 楽天カード感謝デーはポイント3倍
  2. ポイント加盟店利用でポイント最大3倍
  3. 楽天市場では楽天カードご利用でポイント3倍!
楽天グループの利用が多い方はやはりこれでしょう!

楽天グループでの決済で利用すると3%ポイント還元となります

ポイントは1ポイント1円の価値があり、楽天での買い物や楽天Edyとして電子マネーに利用できます。

Ex)ドコモdカード ゴールド

個人的にドコモユーザーなら上記3種類より、こちらの方がおすすめです。
年会費が1万円かかりますが、優良なだけあってサポートが手厚いです。

*ドコモユーザー以外でも、就活を終えてこれから社会人となる方はおすすめのカードですので、是非ご一読を。

  1. 毎月の携帯・ドコモ光の料金の10%をポイント還元
  2. ケータイ保障3年間で最大10万円キャッシュバック
  3. 携帯・ドコモ光以外の料金はいつでも1%還元
  4. 電子マネーID搭載で対象店舗ならキャッシュバックも有!
  5. 他にも国内空港ラウンジ無料利用など様々なサポート

10%ポイント還元の注意点なのですが、これは携帯本体の代金は還元に含まれません。

例えば、

基本料1万円+月割本体代金5000円
ー3000円(月々サポート)

という人が居るとすると、ー3000円部分は基本料で計算されるため、実質支払う金額

基本料7000円+月割本体代金5000円=12000円

となりますが、還元されるポイントは

7000×10%+5000×1%=750ポイント

と計算されます。

年会費1万円であることから、基本料の支払いが8000円以上の方が特におすすめです。

では8000円以下の人は利用価値がないのか? 

そんなことはありません!

このdカードは年間100万円利用で、1万円分のクオカードが貰えます。
また100万円利用時点で、ポイントが1万ポイント還元されていることになります。

実際様々な支払いをしていれば、年間100万円なんて意外といけるものです。

加えて、ローソンでのID決算利用で3%IDキャッシュバックdポイントが溜まる店では基本の1%に加えdカード提示でさらに1%還元されます。

また、ケータイ
の保証ですが携帯購入から3年間は、紛失などの理由で同機種・同カラーをdカード決済購入で、10万円キャッシュバックされます。

ここまで書きましたが、このカードの魅力をお伝えできていれば幸いです。

~ポイントまとめ~

  1.  自分の利用するサイトに応じてクレジットカードを持つとお得
  2. 迷ったら年会費無料なので全部発行もアリ!
  3. 年会費があるカードはサポートが手厚いので一考の余地あり

 

いかがだったでしょうか?

もし記事がお役に立ててたら、フォロー・記事のリツイートしてくださるとうれしいです(笑)

それでは。

 

あでゅー!

涼華「またね♪」

FullSizeRender

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事