大学・高校若いうちからの貯金は勿体ない! 時間を味方に投資しよう

 

みなさんは投資に興味がありますか。また投資することによってどの程度、将来お金が増えるのか考えたことがあるでしょうか。

 

今回はそう言ったことを踏まえ、若いうちから投資するとどうなるのか書いていきます。

 

現役高校生・大学生のうちから投資した場合、更に本シミュレートより資産は増加することになるので、是非見てみてください。

「時は金なり」

「若者と高齢者の100万円の価値は違う」

 

よく聞く言葉ですが、本記事を読んでもらえればその意味が伝わると思います。

 

目次は以下のようになっております。

 

スポンサーリンク

投資による違い

資金の差

今回は以下の条件で、①積み立て貯金のみ行った場合②資産運用した場合のシミュレーションを行いました。
  • こちらの記事で書いたウェルスナビという投資を利用
  • 資産増加率は公式にあるように年6%と仮定
  • 高卒・大卒直後から投資を始めたとして、定年まで約40年間の間での運用法を仮定
  • 毎月5万円貯金・投資をすると仮定

 

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

 

積み立て貯金の場合

40年後に貯金されている金額

5(万)×12(カ月)×40(年)=2400万円

積み立て投資の場合

40年後に到達する資産

Σ[{(毎年の積立額)+(前年度までの資産額)}×1.06]
これをエクセルで計算すると、以下の画像のようになります。
表の見方は、元金が毎月の積立額の自己資金累計、全資産が6%増加後の毎年の累計資産となります。

40年後のロボアドバイザー比較
結論だけ述べると最終資産は9842万円になります。

 

このように、自己資金は共に2400万円であるのに、
資産運用をするかしないかで将来手元にあるお金が4倍も変わってくるのです。

投資法による差

次に投資の仕方によって、最終的な資産にどのような差が出てくるのか、「投資期間」「投資タイミング」の2つの事例に分けて考えてみます。

投資期間

条件は以下の2通りです。

 

  • 条件1
  1. 40年の期間の内、初めの五年間投資できなかった
  2. 投資開始後は、毎月5万円を積み立てていく

 

  • 条件2
  1. 40年間ずっと投資し続ける
  2. 投資額は、毎月4万円積み立てていく

 

この条件の下で計算を行うと、以下の画像のようになります。画像は左表が条件1、右表が条件2となっています。

投資期間の差
条件1は元金2100万円が約3.5倍の7087万円
条件2は元金1920万円が約4倍の7874万円
条件2の方が最終的に資産が増えていますね。
これは複利の力によるものです。もう一つ投資法と比べてから複利の説明を行います。

投資タイミング

条件は以下の通りです。

 

  • 条件3
  1. 40年間のうち、最後の五年間は投資を行わない
  2. 代わりに最初の五年間積立額を2倍とする

 

ここでは条件2と3の比較を行います。元金はともに1920万円と同額ですが、投資金の入れ方が若干違っています。

 

この条件で計算を行います。左表が条件2、右表が条件3です。計算結果は以下の画像の通りです。

 

投資タイミングの差
条件2は約4倍の7874万円
条件3は約5倍の9791万円

 

元金が同じなのに、条件3の方が最終的に金額が大きくなりましたね。

ここで差がつく理由、それも先ほど述べたのと同じ複利の差によるものです。

 

複利とは

長期にわたり積み立て投資を行う時、2年目以降は前年度までの積み立て額の累計に加え、前年度までの利益投資にまわす事になり、雪ダルマ式に利益が重なっていく事。

ざっくりというならば複利とは
  1. 投資してる期間が長いほど積み重なる利益
  2. 最終的に同額の投資を行った場合初めに大きな額を投資した方が、沢山倍率がかかるため後々利益が大きくなる

 

と認識して頂ければ大丈夫です。

ここまで読んでいただければ、冒頭で述べた言葉の意味が分かってくれたかと思います。

よく定年後、退職金をもとに投資を始めようとする、そういった話を聞きますがそれは効率が悪いという事が、お伝え出来たかと思います。

今は年金がもらえるのか、まったく分からなくなってきている時代です。

そんな中この記事を読んだ方は、若いうちに何をするべきか分かったかと思います。

また、本記事の計算上1億弱まで資産が増えますが、これは中小企業へ就職した場合の生涯賃金の5割にもなります。

生涯賃金をシミュレートした以下記事なります。気になった方は読んでみてください。

 

オマケ(お役立ち)情報

ここまで読んでくださったあなた限定で、投資に関しては直接関係ありませんが、お役に立てる事をお教えしたいと思います。

 

投資を始めるにあたって、初期の自己資金がなけばそもそも投資は初めれませんよね。

 

そこで、投資法を紹介するだけでなく自己資金を用意できるよう、【即日誰でも無料で10万円を稼ぐ方法】をお教えしようと思いました。

 

興味のある方は以下の記事をご覧ください。

 

 

コチラで入手した資金を有効活用し、将来のための資金作りに役立てていただければ幸いです。。

 

ポイントまとめ

  1. 貯金と投資では将来4倍も差がつく
  2. 投資するにも戦略次第で増加額が全然変わってくる
  3. 若いうちから投資するべき

 

本記事はいかがだったでしょうか?

 

投資する、という事が具体的に将来へ、どの程度影響してくるのかお伝えできていれば幸いです。

 

それでは本記事はこれにて。

あでゅー!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事