はじめまして。

または、本記事も読んでくださってありがとうございます。

 

現在の日本では、大卒のフリーターというのも珍しくなくなってきています。

現在ではフリーター10人の内2人が大卒フリーターという結果も出ています。

加えて言うと、女性の方の方がフリーターの割合が高いです。

 

そんな中、希望した企業に就職できなかった、色々あって会社を辞めフリーターとなっている方向けに

 

  1. フリーターから就職する際の注意点
  2. 転職・就職する際に事前に知るべき雇用条件

 

 

の二本立てで記事を書きたいと思っています。

 

スポンサーリンク

➀フリーターから就職する際の注意点

 

フリーターのみなさんは、大学を卒業してから三年間は、企業側に新卒採用して貰える、ということをご存知だったでしょうか。

 

実際問題として、フリーターの多くは生活が非常に苦しく、正社員になりたいと思っている方が多いと思います。

 

フリーターの一般的な年収は、150万程度といわれますが、家賃・携帯料金・食費など、その他もろもろで手元にほとんど残りません。

 

一方、高卒・大卒で新卒採用された人ならば、こちらの記事でシミュレートしたように、初年度で200~300万程度賃金がもらえる他、

 

社会保険や厚生年金なども会社が半分負担してくれるため、これも生活における余裕の差が生まれている原因です。

 

FullSizeRender

 

涼華

「保険と年金の負担で毎月2~3万なくなるもんね・・・」

 

また早く正社員になれば、その分出世するチャンスも増えますし、昇給による手取りのどうかも見込めます。

 

そのため、フリーターの方へは三年といわず、出来るだけ早めの就職活動を行うことを推奨します。

 

➁事前に知るべき雇用条件

 

 

FullSizeRender

 

涼華

「でもフリーター業の合間に、条件の良い会社探すなんて無理だよ・・・っ!」

 

そこで、まずあなたが何が原因で苦しんでいるのかを分析、その問題を解決できるような会社選びをしましょう。

 

そしてこちらは主に、大卒・転職者の中小企業狙いの向けに書いた記事ですが、フリーターの方の就職の参考になる記事です。

まとめもあります。

 

読むのが面倒という方向けに、ざっくりとですが内容をまとめると

 

・調べておくべき項目・目安は以下の7つ

 

  1. 社宅・独身寮の有無
  2. 初任給20万前後昇給がある場合の上がり幅
  3. 賞与は4ヶ月程度あるか
  4. 有給休暇の制度をしっかり確認
  5. 勤務時間の制度の確認
  6. 会社の将来性を考える
  7. 退職金の有無と種類

 

 

・外国人労働者について

 

 今現在人手不足がうたわれている社会ですが、現政権は多くの外国人労働者を受け入れようとしている状況です。

これは言い換えれば、現在は人手不足によりこちらからある程度企業を、選ぶことができる状況だったが、労働者が増えることでそのメリットがなくなります。

つまり、転職・フリーターからの就職志望の方は、できるだけ早く行動しなくてはなりません。

先に述べていた大卒のフリーター割合も、3割程度まで増加するのでは、と個人的に予想しております。

みなさんのご検討を、お祈り申し上げます。

 

~ポイントまとめ~

  1. 大学卒業後三年間は新卒扱いされる
  2. 企業研究を行う際は、こちらの記事を参考にするといいでしょう
  3. 売り手市場な今が、就職・転職する絶好のチャン

いかがだったでしょうか?

もし記事がお役に立ててたら、フォロー・記事のリツイートしてくださるとうれしいです(笑)

また本シリーズのインデックスまとめはこちらになります。

それでは。 

あでゅー!
涼華「またねっ♪」

FullSizeRender
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事